ホーム>あかつき会通信>2019年7月

2019年7月

7月も終わり~

学校やお教室の授業も夏休みに入りー

今年の夏は、イロイロの整理をしようと計画し、長唄の楽譜の棚からやろうと始めたのですが

今まで目も通さなかった本が何冊もあり、まず読んでからー

と思ったらこれが面白すぎて整理どころではなくなってしまいましたdash

明治初期の話はまるで小説sign01江戸から明治に変わるときの庶民のはしゃぎようは、半端じゃない。

芝居の巡業でも、まだ手っ甲脚絆で足利へ行くのに、一日目が大宮で宿泊ー

「東海道中膝栗毛よりも面白い」と当人が言っているのですから・・・

また、いろいろ読んでいると、3世杵屋正次郎(1826~1896)は数々の名曲を作曲しましたが、

天才と同時に奇人、変人???

手首を骨折したときは、撥を手首に結わいつけて大薩摩を弾いたというのですから=見てみたかった

また、長唄協会の歴史もなかなか興味深く、「へー~~~」ということが沢山あります。

今の私だからこそこれらの本が面白いのかもしれませんdiamond

と言う訳で全くはかどっておりません・・・・

先日、梅雨明け前ですが三峯神社へ行ってきました。

十何年ぶりでしたが、社殿が東照宮的ーと再認識。とてもパワフルな氣を感じてきましたsign03

何とか元気でこの猛暑を乗り切りたいものです=近況報告でした~

2019731172020.JPG2019731172144.JPG

 

 

 

両国のお墓参り~

今日は、両国のお墓参りー

いつもは駅からお寺まで日影がなく暑さでフーフーしてしまうのですが、

今年は梅雨空、梅雨寒で思い立って「芭蕉記念館」に寄ってみました。

何と、お寺から歩いて7,8分でしたー

以前「奥の細道」を土井かつえさんの朗読とお琴でコラボしたこともありました。

今年に入って、岡潔のエッセイを読みまくっていました。

発端は、何故天才数学者が仏教にはまったのか?

シンポジウムにも出てみて、その生まれ育った環境が大きかったことは理解できましたが、

「情緒」がキーワードで、そこに芭蕉と漱石が盛んに出てきます。 屋形船も寒そう~でした・・・

2019715164421.JPG

2019715164247.JPG

 

日光キスゲ~

今年の日光のお墓参り。東京でさえ連日の梅雨空で長袖着ているくらいですから、あちらはどれ位???

7時36分の池袋発に乗るとそのまま直行で9時半には東武日光に着きます。今年はあちらに住んでいる従兄が車で連れて行ってもらったのです。

湯葉会席をご馳走になりましたが、天ぷらのお膳にビックリdownwardleftお塩で神橋と川の流れが描かれていますsign01(インスタ映え?)

日光
 

そして、今回の目的であったニッコウキスゲを見に、霧降高原へ連れて行ってもらいました。

2,3日前のNHKのニュースでちょうど見頃と言ってましたし、私は一度も見たことがないのです。

上るにつれ霧が深くなり・・・・

真っ白で見えないdash展望を兼ねたレストハウスのパネルを撮りました・・・(きれいな写真はパネルです)down

本来でしたら、こういう美しい景色。でも歩いてみると、それなりに見られました。1日で花は終わり、見頃は2週間しかありません。

しかも、鹿が食べてしまい、地元の人たちが苗をボランティアで植えているそうです。

霧降をニッコウキスゲで整備されたのが平成23年ということで、最近なのですね~

この連休は天気は同じようですが、人や車で大変でしょうね。

まあ、私はゆっくりと見られて良かったですー 帰りは16時38分に乗って19時過ぎには我が家に着きました。

2019713145524.JPG

2019713144620.JPG2019713145729.JPG