ホーム>あかつき会通信>2019年11月

2019年11月

京都の紅葉~

木曜日から一泊で京都へー

紅葉もその年によって、当たりはずれがあるのですが、今年の京都の紅葉はとても綺麗mapleでした。

まず、観音堂落慶による障壁画の初公開されている【仁和寺】へーdownwardright

2019112320515.JPG観音堂修復の時、上野の国立博物館で「仁和寺展」がありその時は、観音堂が再現され

写真も撮れました。それが博物館での展示の魅力ですねー

今回は、やはり遠目でした。

その他の寺社は初めてのところばかりでした。

【大原野神社】 downwardleft

2019112321940.JPG

そして今年のJR「そうだ、京都へ行こうー」の【光明寺】

ここは、法然上人のお念仏発祥のお寺なのですねーdownwardright

20191123211844.JPG

 

最後は、山間を通り抜けて突然開けたところにある

【揚谷観音】

ここの手水所がdownwardleft

2019112321257.JPG

あまり観光客が行かないような所がほとんどでしたので、人混みもなく充分堪能してきましたmaplemaplemaple

アトリエ遊動天都でのライヴ~

毎年恒例の早川聡子さんの「アトリエ遊動天都」での演奏、もう10年目になるそうですー

毎回の楽しみは、聡子さんの作品による舞台背景ですdiamond

今年は、和紙で編んだ竜=小雪さんという名前ですannoy

圧倒されそうな迫力に、こちらも気合が入ります~

まず、お琴体験のワークショップー

1時間で「さくら」をマスターするのですが、今年の皆さんはとても良く弾けて、

私のアドリブで次々といろいろなテクニックを付け加え、「北本バージョン」の

「さくら」になりましたsign03

そして、私どものライヴー

今年は、本格的なものを聞いていただきたいと思い

「編曲 春の海」「さらし風手事」「編曲 越後獅子」に続き

ポップス集など現代的なものも用意しました。

たくさんのお客様がいらしてくださり、またこのアトリエはとても音響が良く、

演奏していても気持ちが良いのです。

終わった後は、毎回体に良いおいしいお食事も堪能させていただきましたsign03

201911181430.JPG2019111814425.JPG

201911181417.JPG

お知らせです~

20191113191618.JPG20191113191330.JPG

長唄の私ども流派の「堀留会」が

12月10日(火)に紀尾井ホールであります。

 

 

 

 

 

 

幕開きの女子門弟による「俄獅子」には私のお弟子さん2人が参加させていただきます=只今、猛特訓中sign03

私は、その他に「里の四季」のタテ三味線を弾かせて頂きます。

12月10日(火) 「第20回 堀留会」  紀尾井小ホール  午後1時開演  3000円です。

よろしくお願いいたしますannoy(チケット扱っております)

 

先日は、最近ハマっている近郊の日帰り寺めぐりで、山梨県に行ってきました。

ここでは、やはり武田一族ですねー

甲斐善光寺downwardright        仕事も遊びも楽しまなくちゃhappy01     福光園寺の吉祥天女像です=坐像が珍しい~downwardleft

20191113193228.JPG

2019111319362.JPG

正倉院展~

東京国立博物館で開催されている「正倉院の世界」に行ってきましたsun

覚悟はしていましたが、開場30分前に行っても入れるまでにこの行列ですー

しかし、中ではゆっくり見ることが出来ました。

「五絃琵琶」が前期展示のメインですが、やはり立ち止まれず一周するだけで、

完成までに8年かかったという模造はじっくり見ることが出来ました。

先日、現代の職人たちがこの模造ができるまでのドキュメントをテレビで見ましたが、

1300年前にこれが作られ、守られ現在に伝わっているのは「奇跡」に近いと犇々と感じます。

東大寺の大仏でさえ当時の作られて残っているのは一部分しかないというのに、

そこに隣接している「正倉院」の品々がこの状態で残っているー

その為のシステムがあり、修復、保存があったからこそなのですがー

森鴎外は晩年帝室博物館総長に就任していたそうで、

「夢の国 燃ゆべきものの燃えぬ国 木の校倉の とはに立つ国」の歌を詠んでいます。

昨日、首里城の火災があっただけに余計に感じるのでしょうか?

後期展示も行くつもりです=体力いりますsweat01 

2019111194540.JPG

正倉院