ホーム>あかつき会通信>2022年4月

2022年4月

久々の歌舞伎座~

コロナになってからまだ間もない頃、玉三郎さんの舞踊公演に歌舞伎座に行きました。

4マスに1席の市松模様状態の客席で、入場も出場も緊張感がありロビーも閑散として

とても着物で行くような気分になれませんでした。

コロナになって私自身が着物をすっかり着なくなってしまいました。

これではイケナイとちょうど今月の歌舞伎座の第2部の切符を頂いたので、久々の着物で行きました。

入場も以前のような物々しさはなくなり(お互いが慣れた)席も2席続き1席空くという状態。

出し物は「荒川の佐吉」という世話物で幸四郎さんー

もう一つは義経千本桜から義経の旅路を描いた白拍子や傀儡師の華やかな舞踊の一幕でした。

憂鬱なニュースの続く毎日ですが、こういう時間を過ごす大切さを以前に増して感じます。

文化、芸術も不要不急ではなく、こういう時代だからこそより大切なのではないでしょうか?

今日の舞台も桜でいっぱいでした。

私も着物もどんどん着たいと思った一日でしたsign03

地下2階にある【木挽町ひろば】にも初めて行ってみました。

楽しいものがいっぱいありましたよ~

久々の歌舞伎座
 

 

北陸の桜~

コロナになって3回目の春を迎えました。

この2年間はちょうど緊急事態宣言で近所の桜しが見られませんでしたが 思い切って今年は出かけてみました。

皆さんは継体天皇をご存知でしたか?

私は不勉強で初めて知りそのゆかりの地、福井県を訪ねるという歴史ツアーに参加しました。

13名の歴女(といっても皆様中高年、しかも私は歴女ではなく・・・)

ナビゲーターの先生も女性(この先生の知識と着眼点の鋭さ、そして何よりもアッカルイ~キャラクター)

折しもこちらはちょうど桜が満開 cherryblossomcherryblossomcherryblossom

天気にも恵まれ、足羽神社(継体天皇の即位の際自らの生霊を合祀)の見事な枝垂れ桜のライトアップ、足羽川の桜並木も圧巻でした。

有名な根尾谷の淡墨桜も継体天皇のお手植えだそうで、今では宇野千代さんとこの桜の方が有名なくらいですがー

そして最後は地震断層観察館で断層についてお勉強ー

とても充実した旅をすることが出来ました。

私は明日から新学期が始まります。

写真上=淡墨桜

写真中=足羽神社のしだれ桜

写真下=足羽川の桜並木

 

北陸の桜~
北陸の桜~
北陸の桜~