ホーム>あかつき会通信>あかつき会通信

あかつき会通信

杵屋佐之忠師を偲ぶー

退院して間もなく、お知らせを頂いた。佐之忠師が4月6日に、お亡くなりになっていた。

 

私の父は戦争でニューギニアに行きマラリアにかかり、戦後日光の実家で静養していた。

日光には初代中村吉右衛門が疎開しており、終戦後間もなく疎開中お世話になって町民への招待公演が行われた。

父も地方(ぢかた=演奏者)に駆り出され、そのまま芝居に関わることになるのだが、稽古場も日光に開いた。

当時の日光は今からは信じられないが、芸が盛んだったようだ。

そういえば、私の幼いころも日光の芸者さんが日光の稽古場に来ていた。

そこへ、日光に疎開していた芝居好きの少年は父の所に入門する。

 

それから、この少年がいろいろ経験を経て「杵屋佐之忠」となりついに前進座の演奏責任者、音楽プランナーと

なったいきさつや、NHKのラジオ深夜便で2年にわたり放送された「三味線十二か月」の内容を含む師の著書「黒御簾談話」に詳しく書かれているがとても面白い。

昨日も読み直してみたが、前進座の創設に関わった役者さんたちのエネルギー、大変ではあったろうがある意味では今では味わえない

理不尽が通じた時代を生きていらっしゃったことをヒシヒシと感じる。

 

病床の父を見舞って下さり、枕の下に佐之忠師の撮った河原崎国太郎丈の舞台写真があったー

私も、いろいろお世話になった。中でも一番記憶に残るのは、第50回のあかつき会の記念演奏会ではゲストとして出演くださり、

トークと共に「黒塚」を私の箏、今瀬苔山先生の尺八で演奏して華を添えていただいたことは、何よりの両親へのプレゼントになった。

 

一昨年の前進座の国立劇場5月公演での「番長皿屋敷」の箏に使っていただき、稽古の時にお目にかかったのが最後になってしまった。

今日は、「偲ぶ会」が渋谷のホテルで行われた。

ありがとうございました。ご冥福をお祈りいたします。   -合掌ー

 

201752918241.JPG201752918339.JPG

 

 

 

仕事復帰ー

ゴールデンウイークが終わり、8日~復帰しました。いつも通りのスケジュールです。

さすがに、前日は緊張しました、というか不安でした。

術後のマニュアル通りの咳き込みと右半分、みぞおちから肋骨周辺のシビレや差し込むような痛みがあります。

お弟子さんは久々なので皆さん来ました。唄の声は出ません、ささやくような感じです。

でも、それ以外は思ったより疲れがなく、無事出来ました。

 

障がい者の所も「先生、風邪?」という程度で何とか大丈夫~

さて、水曜の学校のクラブが・・・まず、4階までの階段が・・・

ゆっくり上って、クラブは大笑いで元気にやれました。

ひとつひとつが、自信に繋がっていくようです。しかし、その日は6月4日の練習が自宅であり、

時間を見計らって帰ったのですが、ぎりぎりでした=歩くのがまだ遅いのですね。

荷物も持てません・・・・でも練習は7人位いらっしゃいましたが、元気にやれました。

 

不思議なのは、仕事のスイッチが入ると、痛みをあまり感じないのです。

痛み止めより効くのです。だから、一人で痛くなってきたときは、自分でお琴を弾きまくります。

不思議です=脳から何かの物質が出るのでしょうか?

 

木曜日は、術後初めての病院。回復には、まだ1,2か月かかるそうです。

驚くのは、気圧にたいして身体が反応して、苦しくなったり,痛くなったり・・・

せっかちな私はこの際、イロイロと時間かかる自分にイラつくのはやめてゆっくり物事を見る練習をしようと思います。

と、いう訳ではありませんが「西大寺展」を見に昨日三井記念美術館へ行ってきました。

久々のコレド室町に興奮し、いろいろ欲しいものがイッパイ=でも、持てない・・・・

楽しかったです。これで、今の状態でも復帰出来たことが、やはり嬉しいです。

あの、北海道の叔母さまも手術が終わったことと思います。ご無事を祈りますー

 

と、言うわけで6月4日(日)に舞台があります。

品川三曲協会主催の「日本の調べ」、大井町駅前「きゅりあん」小ホール  午前10時半開演

入場無慮です。私は、杉浦聡先生の御一門と一緒に「妹背川」の三絃をお手伝いします。

16時過ぎ出演予定です。

201751317354.JPG201751317519.JPG

 

 

 

 

 

 

報告ですー

一部の人にしか言ってなかったのですが、いろいろご心配くださる方もあり、また、無事に今を迎えることが出来ましたので、

報告させていただきますー

 

豊島区の肺がん検診で引っかかり、大きな病院で半年ごとの経過観察が続いていました。

昨年10月に「少し大きくなっているようなので、手術します!大きめに切りますので頑張りましょう!」と言われ何のことか理解できず・・・・

PCで調べて、多分これだろうと想像が出来て、急ぐ状態ではないことは分かりました。

妹がもう一件病院行ったほうが良いというアドバイスで、もう一つの大病院でイチからやり直しの検査ー

前の病院を逃げたことは言ってますので、「ウーン、切ってもガンじゃ無いかもしれないし、消えちゃう場合もあるしね~」また、経過観察ー

とにかく、切羽詰まった状態ではないことは分かっても、私にとっての一番は「仕事」=仕事が出来ないのならいなくなっても良いー

これしかない自分をつくづく身につまされました。

 

折しも、次の誕生日を迎えると母が亡くなった年と同じになります・・・・

ついに、来たかーと思いました。

毎日が、何か違う自分になっていましたー

 

12月の検診も、経過観察になりこれで来年3月の「あかつき会」が出来ると確信でき、とても嬉しかったです。

もう、稽古に入っていたのですが、「もしかして、手術といわれたら???」という不安がありました。

入院Ⅰ週間、仕事復帰までⅠ週間と聞いていましたので、私のわがままな理想は、新学期をちょっと手を付けて、手術するなら4月の末

そして、ゴールデンウィークで静養して、ゴールデン明けに復帰でした。

2月の検診で「ウーン、やっぱり消えないから切りましょう!」と外科へ廻されました。

これで、私の理想通り(?)の手術になりました。毎回、ドキドキも精神的に辛いですー

それから、思い切り会や他の仕事に集中することが出来、ある種のハイ状態のようにアクティブでした。

 

そして、4月3日が手術前の最後の診察でした。

まず、CTをとるときに、女性の係の人が「S先生って、どれ位待つんですか?」と聞かれ「そうね、午前中だと50人待ちくらいで、

今日は(15時ぐらい)29人待ちー」と私=それでも気が付かないワタシ・・・

そして、診察の待合室は座るところがない位で一体いつになるのか???

周りの診察は終わってきた・・・

そこへ、隣に座っていた方が「ダヴィンチ進められている方はいませんか?」と周囲の人に聞いてきた。

私は、勧められていたので、手を上げてお話をしだした。その方は、何と北海道から来ていて昨年10月に右をやって、来月左を手術するのに

ダヴィンチを勧められたという、70以上のお年だがすごく積極的でPCでいろいろ調べている。私の後ろの方は、長野県から来月、左を全摘だそうで・・・私は、この方たちから見れば言うのも恥ずかしい位の手術だし、30分位で来られるのだから・・・

S先生は、スーパードクターだった=家へ帰ってPCで見てやっと気が付く私・・・

そして、北海道の方が右を手術した時のこと詳しく説明してくれて、とても参考になった=一週間で退院し、宿泊先のビューホテルで

夕食はビュッフェを食べたそうだ!!!ダヴィンチは、保険外だし私のような軽いものでもやる価値があるのか?と、私も迷っていた。

やっと、診察室に呼ばれて「あのー、ダヴィンチ迷っているのですが・・・」(私)

スーパードクターは、(以降スーパー)絵を描いて「痛みも違うし、退院も早くなるよー」と言われ痛みに弱い私は

「お願いします!」と言ってしまった~~~

 

4月22日(土)に入院、検査と手術の説明を受ける。その時、ダヴィンチによる呼吸器外科の臨床研究になっていて、

書類を読んで私がその参加基準を満たしていて、症例数60を研究期間までに満たすのに参加する、ということが分かった。

(でも、保険外料金は変わらないー)

泌尿器科などはもう保険適応になっている。呼吸器科も今は主流が胸腔鏡で、それの次を目指しているのだ。

もう、スーパーにお願いするしかない=と、開き直る・・・・

 

23日(日)は何も無いので外出許可をもらい、手術後は1~2か月ダメと言われたので、スポーツクラブへ行き

40分泳いで、サウナたっぷり・・・そして病院へ戻る。

 

24日(月)9時~ 手術室へ=もう、こうなったらまな板の鯉状態・・・

目覚めたときは、ICUで妹が「やっぱり癌だったけど、一番軽いし、上肺すべて取ったので抗がん剤もないそう」と言われた。

我ながら、「がん保険がきくー」と瞬間思った。せっかく切って、ガンじゃなかったらーと、馬鹿なことも思っていた。

父母の時代からは(30年近く前)考えられないくらい進歩している。ICUでも足、腕などは適度に圧縮したり緩めたり動かしている.

 

25日(火)ICUから車椅子で病室へー

あの、北海道の方の言葉を思い出す。2日目が一番辛い~と・・・・

病室へ帰ると、ベッドに寝ちゃダメ!すぐ、歩く。何せ、体は管だらけ、それと共に歩くのでまっすぐ歩けず・・・

麻酔のせいか、手術の疲れか、ウトウト・・・椅子に座りながらなんとか頑張る、そしてまた、少し歩くー

昼食から、普通食。これで、食べられる人といるのか???=いるんだろうな=北海道のおば様???

私は、盲腸のときと同様、麻酔の副作用で吐き気(今回、頭痛はない)何も、食べれず・・・

夜、先生の回診。

何と~~~管を全部取るとスーパーがおっしゃる!!!

土曜の説明では、別の先生ではあったが、徐々に管が取れて3日目ぐらいで一番太い傷口からの管が取れて、退院と聞いていたのに・・・

あれよあれよという間に、抜かれたー

「明日、退院して良いですよー」(スーパー)

「吐き気でご飯食べられないんです!!!」(私)

「家へ帰れば食べられるよー」(スーパー)

「一人暮らしなので、もう一泊させて下さい~~~」(私)

昨日手術で、今日は頭が朦朧、盲腸でさえご飯食べられるまで一週間いさせてもたったのに・・・・

すると、看護師さんが「西山さん、おめでとうございます!」と「退院のしおり」のプリントを持ってきた。

一番太い管が取れた時が、退院なんだ・・・・凄すぎる~

早く退院させて症例にあげる為じゃないのか???とまで疑った・・・

 

26日(水)一晩寝たら、頭はスッキリ。元気っぽい。でも、相変わらず、食べられない・・

妹がおかゆを作ってきてくれた。食べられた!!!地下のコンビニまで歩く。

明日退院する自信が着いてきた。夕方からは、私が入院していることを知らない人、2人からしごとに打ち合わせメール。

また、明日退院の報告を何人かに連絡。金曜にお見舞いに来る人もいた。

 

27日(木)10時に、病室を追い出される。次の人が入るそうだー

手術から4日で退院。やはり、ダヴィンチとスーパードクターのおかげだ。

結果的にはラッキーだったが、感謝はあふれるほどあるが喜びはない。皆、一人一人が大変なのだから・・・・

この間、私が考えたこと、学んだこと、どうやってこれから生きていくのか?

今回のことは、真摯に受け止めてこれからやっていかねばーと思う。帰っても、家の中の雑用(まず稽古日の変更の連絡)一日ちょこちょこー

 

29日(金)今日からゴールデンウィーク。私は、リハビリだ=夏物の入れ替えと掃除ー汗を少しかく位、動くことー

術後の症状は、まず肺活量が=息が思うように入らない。毎朝、仏壇に「般若心経」と「観音経」を上げるが、息も絶え絶え・・・

あとは、咳だ。出だすとなかなか止まらないし、傷口に響く・・・・(これは、数か月つづくらしい)

痛みは、薬=今は、我慢しなくて良いそうだ。

今日は、椎名町の長崎神社、そして金剛院様までお礼参り方々散歩を兼ねてー

寺カフェ「なゆた」でスイーツを、ちょうど若い方たちがジャズのライヴをやっていた。新緑の美しさに癒されるー

2017429233518.JPG2017429233740.JPG

 

ゴールデン明けから、仕事復帰します。仕事もリハビリ!

新たな気持ちで…

長々、申し訳ありません・・・

善楽寺の花まつりー

このところ、連日お天気が悪く天気予報でも高知は完全雨マークでした。

毎年、境内で演奏するのですが、早くから諦めて室内で演奏と決めていました。

2017410171247.JPGというわけで、こういう看板も出ていますー

本来、4月8日ですが善楽寺ではそれに一番近い日曜日になっています。

ですから、8日に高知へー

土砂降り・・・これじゃ、お客様が・・・と心配していましたが、天気予報が変わり、希望がもてるようになりました!

そして、何と晴天!!!桜も持ちこたえて、美しく~

2017410171745.JPGお遍路さんも大勢いらしてました。気温も例年より高く、こんな穏やかな花まつりになるなんて~

201741017231.JPG

毎年、午後の部はお嬢さんたちの日舞があるのですが、少女からすっかり大人っぽく成長されていて、

一年に一度しか会わないせいか、ビックリしますね=こっちはその分

成長(?)して、歳取っているわけですから・・・

今年も、無事に参加させていただいて、ありがたいことです。

南無大師遍照金剛ー

野口体操の会~

私が、野口体操に行ったのは何年前になるのか??・・・

NHKの訪問インタヴューという番組を見て、「原初生命体としての人間」を読み、

ちょうど落合の教室が我が家から近いことと、曜日、時間があったので行ったのがきっかけー

それから、先生が亡くなるまで、教室は北新宿や新宿御苑と変わったが15年くらい通った。

先生が亡くなって19年というのだから・・・・

今日は野口体操の会総会ということで、40名近くが集まり鶯谷から寛永寺の先生のお墓詣りー

続いて寛永寺の根本中堂も参拝、「鐘は上野か浅草かー」と邦楽でよく聞く上野の鐘楼ですねー

続いて、本では読んだことがあったが、芸大の体育館で野口先生がサーカスの人から玉乗りを習って稽古したという

寄木細工の珠を見ることが出来、感慨もひとしお・・・・

久々もう一度「原初生命体としての人間」読み直してみようかなーと思う。何回、読んでもスゴイ本なのですがー

201741193541.JPG

 

201741193649.JPG201741194019.JPG201741193849.JPG

第64回あかつき会ー

昨日、3月25日に「第64回あかつき会」を無事に終了いたしました。

今年は、お弟子さんのほうもご自身だけではなくお身内にもイロイロある方が多くて、

当日までどうなることか・・・・と、案じておりましたが全員無事に出演することが出来て、またお天気にも恵まれホッとしています。

2017326133734.JPG

今年は、初めて「南大塚ホール」を使いました。

去年、申し込んだ時点で荷物の搬入が、2階までの非常階段のようなので楽器、荷物は人手が問題とはわかっていました。

とにかく、一回やってみないことにはその他の問題はわかりません。

お琴の会は三味線と違い,調弦、舞台への楽器の配置、そして譜面台、琴台と付属品と大変です。

それを、スタッフ、お琴やさん,調弦する先生方がやりますが、今回壁に箏を立ててはいけないとのことで、

裏のほうでは大変だったようで、ホールの側のスタッフが監視していていちいち注意されたそうです・・・・

私も、色々なホールへ行っていますが、こんなの初めてですー

現在は多目的ホールが主流で、幕がなく客席と平土間になっているのがほとんどです。

また、幕があっても楽屋から舞台への箏の移動がスムーズにできないと使えません。

その点では、問題がなかったのですがー

壁に立てかけさせてくれれば問題はないのですが、ホール側のことなのできっと改善はないと思います。

来年も申し込んでいるので・・・???

 

でも、舞台の方は無事に、また今年も僧侶様たちのご協力で「阿弥陀如来和讃」「弘法大師追恩和讃」そして

「六大響」を太鼓と箏のコラボでやりまして、何人かのお客様から和讃を聞いていて涙がでたという感想をいただきました。

イロイロ、裏ではありましたが、今年の「あかつき会」も楽しいプログラムでやることが出来ました。

これも、皆々様の御蔭でございます。また、お忙しい中、ご来場いただきました皆様、心より感謝申し上げます!!!

これから、私は一人、後片付けと残務整理に明け暮れます(笑)

「第64回 あかつき会」のお知らせー

今年も3月25日(土)に「第64回 あかつき会演奏会」を催します。

昨年まで池袋でしたが、ホールが建て替えのため、今年は南大塚ホールになります。

大塚駅から徒歩5分位です。新しく改装されたホールです。

お琴の会は運搬、搬入、搬出、また、楽屋から舞台への楽器の移動などの点で、

新しいホールは、一回やってみないとわからない点も多く、不安もあるのですがー

2017227201448.JPG


今年も、みつばちブンブンの皆さんの「世界に一つだけの花」で幕が開きます。

(これは偶然で、選曲した後にSMAPが解散したのですよ!)

新曲、古典、ポップス、長唄、僧侶の方々のご詠歌と太鼓・・・・

色とりどりですので、気軽に覗いていただき、邦楽を楽しんで頂ければ幸いです!

 

3月25日(土) 12時開演~17時半(出入り自由です) 無料です。

南大塚ホール(大塚駅南口より徒歩5分)

 

 

下ざらいー

今日は、21日に行われる長唄協会の「春季定期演奏会」の下ざらいでした。

私たちはリハーサルとは、言いません。下浚い=つまり、さらうという言葉を使います。

素人さん達の出演する会、うちの「あかつき会」などは、「おさらい会」とよく言います。

先週は、「あかつき会」のつぼ合わせでした=下ざらいの前の合わせ稽古のことです。

練習とか、レッスンとかは言いません。

と、余計な話にそれましたが、この2月の協会の演奏会は中でも一番大きな会で、

各流派のお歴々が出演しますし、最後は女子100名以上の雛壇での華やかな演奏があります。

今年、私どもの流派では三代目杵屋栄蔵作曲の「伊達政宗」を演奏します。

お琴も入るので、私も出演させていただきます。

今日はまずお家元のお宅で一回合わせて、それから国立劇場の稽古場で下ざらいー

男の方々の5丁5枚(三味線が5人,唄が5人)にお囃子が入り迫力です!!!

昨年から国立劇場50周年で、壁面にこんな絵が描かれています。

2017215222318.JPG2017215222421.JPG

善楽寺=初会式

月日の経つのは、走馬燈のごとく・・・・・・

毎年1月31日は、羽田から高知へ向かうようになって、もう9年になります~~~

「御縁」という言葉がこれほど感じられることは、自分でもとても不思議なのですー

この、9年間でもいろいろなことが皆様それぞれにありながら、こうして伺えることが本当にありがたいですー

昨日も、午後便だったので、西武ライオンズの2軍選手たちと同じ飛行機=彼らも1月31日がキャンプインー

案の定、空港にはファンやマスコミがー(何年か前、ローカルニュースにしっかり映ってた・・・・・)

そして、お寺までの新しい道路が出来ていて、ビックリ=昨年、5月に開通したそうで・・・・

と、いうことで、善楽寺様に到着し、リハ開始=ところが、新しく作った御詠歌伴奏が音程合わず=作り直し・・・・)

いやー、毎回何かあるのです。今は宅急便で楽器も着物も送るのですが、立奏台の中板を入れ忘れたり、着物の付属を忘れたり・・・

毎回、反省して直しても次から次に出てくるものです。

 

今回は昨年の「あかつき会」で演奏した「春の海」をこちらでもやらせていただきました。

ヴァイオリニストで尼僧の木村恵見様(私にはエミちゃん)が愛知県から何と自分で運転して~~~

駆けつけてくださいました。まさか、ここで演奏するとは!!!

今年は、特別な「初会式」でした。新住職が四国高知の札所では、初のうら若き女性住職です。

そして、「空海」も演奏させていただきました。この曲は、大好きでしかもお膝元で演奏できるなんて、幸せですー

そして、生まれて初めて、晋山記念の「餅巻き」を見ました!!!

迫力ありますが、私は痛そう~~^なので、遠くから見学=個人的に頂きました。

 

月日のことを言い出したら止まりそうもありません・・・・

また、来年高知の皆様と元気で会いたいなー

そして、最後に皆さんと記念写真=飛行機の都合でもう着がえています=私はどこにいるのでしょうか???

20172123145.JPG201721231630.JPG201721231738.JPG

 

 

 

 

宗像大社~

海の正倉院と言われる「宗像大社」は以前から興味があったのですが、ちょうど良いコースがあり、しかもその発掘調査をした講師が案内してくださるので、

13~15日まで、行ってきました。(折しも,寒波とともに・・・)

初日は、まず宗像大社、辺津宮、そして宗像三女神が降臨したという高宮祭場。ここでは、毎月祭事が行われています。

翌日は、大島に渡り中津宮、そして遠く、女人禁制の沖ノ島を遥拝所から拝みます。寒さが厳しかったのですが、澄んだ空気で薄っすらと島影が見えました。

宗像だけは、大陸ととても繋がりがあり、独特の発展をしてきたことがよく理解できました。

今年の7月に世界遺産になるのは確実のようです。多分、mediaでもいろいろ報道されると思いますが、

その割には、いまだ整備が遅れていますが、素朴さも残しておいて欲しいものです。

3日めは、JALのCMでも流れた「宮地嶽神社」(私は、知らなかったのですが)ここも素晴らしかったです。

出雲大社のようなしめ縄で、海まで一直線に繋がっています。そこに一年に何日間か、鳥居の真ん中に夕日が沈む光景が見られるそうでー

最後に、福岡市博物館で、教科書にも出ていた「金印」と黒田節のもとになった大身槍「日本号」を見てきました。

今、若い女子が、刀などがブームらしく、朝は100人位並んでいたそうですー

そして、無事に帰ったと思いきや、何と!!!

飛行機に、携帯と財布の入ったバッグを置いてきてしまい=今日は、再び羽田に取りに行くというオマケつきでした・・・・・

 

2017116205223.JPG2017116205352.JPG2017116212121.JPG2017116212358.JPG2017116212559.JPG